« フリーランス翻訳者の責任の範囲 | トップページ | 翻:4月20日~24日 »

2009年4月20日 (月)

在仏の翻訳者さん、いらっしゃいませんか?

こんなところでこんな風に募集するのもアレなんですが、フランス在住(または近隣の国在住)でフランス語の翻訳をなさっていて、もう少し仕事を増やしてもいいと思っている方はいらっしゃいませんか? もしいらしゃるなら、左上にメールアドレスへのリンクがあるので、そこからメールをください。ブログには私の名前を公開していないので、メールをくださる場合も最初から本名を明かしていただく必要はありません。

 

年に何回か、仕事が重なっているところに、さらに打診があり、頼み込まれて断りきれずに引き受けてしまうことがあります。ただ断ったり、自分が無理して引き受けたりするよりは、誰か他の翻訳者さんを紹介して、その方にお願いしたほうがいいんじゃないかと思っています。翻訳会社は納品の遅れを気にしなくていいし、新しい翻訳者と知り合える、紹介する翻訳者さんにとっては仕事が増える、私は無理をしなくていい、と誰にとってもメリットばかりの解決法ではないかと自画自賛しております。

在仏の同業者さんは何人か知っていますが、知り合いの範囲だけではなかなか折り合いがつかないことが多いので、それなら知り合いの数を増やしてしまえという計画です。同時に、フランス各地にお住まいの日仏通訳の方からも連絡をいただけると嬉しいです。

 

私のところにどんな仕事が回ってきているかは、過去の日記をご覧ください。ちなみに、文学作品は扱っていません(取引先もそういうのは扱っていないようです)。医学系を含む理科系のものは打診されても断っていますが、その分野を得意としている方があれば、取引先から打診があった時に喜んで紹介させていただきます。

 

ご連絡いただくにあたって、一点だけお願いがあります。すでにプロとして翻訳・通訳をなさっている方に限らせてください。つまり、ご自分の名前(または会社名)で請求書を出していただける方ということになります(これまで、自分の名前で請求書を出したことのない方は、すみませんがご遠慮くださいね)。

勝手な一方的なお願いですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

|

« フリーランス翻訳者の責任の範囲 | トップページ | 翻:4月20日~24日 »